唐長の「梅柄からかみ一筆箋」【和樂 2011年 02月号】

発売日:2011年01月12日
和樂 2011年 02月号 1,300円
特別付録 唐長の「梅柄からかみ一筆箋」
本日発売した「和樂 2011年 02月号」特別付録 唐長「光悦槍梅」×和樂オリジナル一筆箋のレビューです。
発売日:2011年01月12日
和樂 2011年 02月号 1,300円
特別付録 唐長の「梅柄からかみ一筆箋」
サイズ:H210×W82×D5mm 32枚いり ※ききらら☆調べ
素材:紙

「日本で唯一の唐紙専門店『唐長』は本阿弥光悦ゆかりの老舗。光悦料紙に描かれた槍梅をモチーフにした文様でい一筆箋をつくりました。(和樂01月号の次号予告より)」

■梅柄からかみ一筆箋
便箋の全体 表紙はざらつく光沢紙で、ブロンズゴールドな落ち着いた色です。

裏側 ちなみに「から紙(唐紙)とは、中国の唐から伝わった美術紙(中野表具店より)」

柄の解説あり「可憐な梅の花と枝を槍に見立てた対比がおもしろく、それが余白に寒中の二月の冬空を想わせます。」

便箋の厚み 5mmくらいで32ページ。

便箋の模様 紙質はツルツルで、コピー用紙2~3枚を重ねたほどの厚み。

2/12(土)発売の和樂 2011年 03月号
和樂 2011年 02月号」特別付録 唐長「光悦槍梅」×和樂オリジナル一筆箋でした。

カテゴリ 和樂 


LINE読者登録QRコード



コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索

カテゴリ(発売日順)