smart (スマート) 2018年 11月号 《付録》 BEAMSボックス型バックパック

smart (スマート) 2018年 11月号 《付録》 BEAMSボックス型バックパック
発売日:2018年09月22日
宝島社
smart (スマート) 2018年 11月号 980円
《付録》 BEAMS(ビームス)ボックス型バックパック

■ 発売情報
発売日:2018年09月22日
宝島社
smart (スマート) 2018年 11月号 980円
《付録》 BEAMS(ビームス)ボックス型バックパック
H38×W27×D12cm
素材:ポリエステル
MADE IN CHINA

■ ききらら☆調べ
実測サイズ
重さ:359g

(本体)
高さ39cm  ●許諾なくブログ画像文章をコピーし●
間口幅39cm  ●他所で使用することはできません。●
底幅26.5cm  ●転載および商用利用を禁ず☆ブログ主より●
底マチ13cm

(ショルダーベルト)
幅6cm 調節可、取り外し不可

(ポケット)
フラップ:深さ10×幅27cm
サイド:深さ20×幅13cmが2ヶ所

素材
(表地)
・ポリエステル
・織り目の密度が高い、光沢感のある生地
カラー:ブラック
ロゴイラスト:ラベルプリント&タグ縫い付け
厚み:厚手
裏コーティング:つるっとしたPVC加工
刺激臭:無

(パーツ)
ファスナー引手:合金 全長2.1センチ+コード紐
ファスナー務歯:ナイロン 開閉スムーズ
ショルダーベルト:体に当たる部分はメッシュ生地 クッション材入りでふかふか

縫製
本体:太い糸で真っ直ぐキレイに縫ってある
内側:ポリエステルテープのパイピング始末
ポケット口:断ち切り

コラボブランド:BEAMS(ビームス)

■ コメント
付録の生地は、お値段が高めなレインコートやダウンコートでよく見かける高密度なナイロン風で上品な光沢感と丈夫な厚みがあります。生地の厚みのわりにシナヤカ&柔らかな使い心地でした。

付録バックパックの売りである収納力・機能性について。無駄のないボックス型デザインなだけあって、手持ちの22Lリュックとほぼ同じ容量が入りました。両サイドについてるオープンポケットは他の付録でもついてることがあるけど、カラビナや紐を通せるデイジーチェーン(ループ状になったベルト飾り)とフタの上のトップポケットつきリュックは今回初遭遇かも。タウン用のおしゃれリュックにはあまりデザインされない、登山リュックの機能性を付加してあることに感動です。

あと、ショルダーベルトが地味にすごい。厚み5ミリ以上のクッションシートがベルト全体に入ってて端から端までふかふかしているうえに、常に体に当たってる部分が通気性の良さそうなメッシュ生地になってました。いま自分がガチ愛用してるリーボックの付録リュックから早速乗り換えてもいいかなと思ったんですが、街中で男子高校生とアイテム被りしたときに恥ずかしいので自粛。しばらくクローゼットに寝かせておきます。

 バックパックを企画製作した人たちのこだわりが半端ないぜ!





■ 関連リンク
smart(スマート)│宝島社の男性ファッション誌

BEAMS(ビームス)公式サイト


■ 関連レビュー
Reebok CLASSIC BACKPACK BOOK 《付録》 史上最高傑作 バックパック




■ 次号予告
発売日10/25(木) smart (スマート) 2018年 12月号
《付録》URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)開運!本革仕様二つ折り財布

■ アフィリエイトリンク アマゾン / 楽天ブックス



LINE読者登録QRコード



コメント一覧

1. Posted by rxd03367   2018年09月27日 23:36
3 生地が安っぽくて無印、ユニクロ、GUより若干見劣り。今更ビームスもないでしょ(笑)おっさんが持つには恥ずかしい。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索


カテゴリ(発売日順)