Mono Max (モノ・マックス) 2019年 04月号 《付録》 アーバンリサーチ においがつきにくい 抗菌ダッフルバッグ

Mono Max (モノ・マックス) 2019年 04月号 《付録》 アーバンリサーチ においがつきにくい 抗菌ダッフルバッグ
発売日:2019年03月09日
宝島社
Mono Max (モノ・マックス) 2019年 04月号 980円
《付録》 アーバンリサーチ においがつきにくい 抗菌ダッフルバッグ

■ 発売情報
発売日:2019年03月09日
宝島社
Mono Max (モノ・マックス) 2019年 04月号 980円
《付録》 アーバンリサーチ においがつきにくい 抗菌ダッフルバッグ
W45×H25×D17cm
素材:ポリエステル
MADE IN CHINA

■ ききらら☆調べ
実測サイズ
重さ:170g
収納サイズ:B4タテ&A4ヨコ
容量目安:約20L
耐荷重目安:~10kg

(本体)
高さ26cm
間口幅50cm
底幅46..5cm
底マチ18cm

(持ち手)
長さ61cm
幅4cm
立ち上がり25cm
肩掛け⇒薄着○厚着○

素材
(表地)
・ハチの巣状の編み目入りポリエステル
・シワになりにくいハリ感
カラー:ブラック
ロゴイラスト:タグ縫い付け
厚み:普通 バッグの大きさのわりにやや薄手
裏コーティング:無
刺激臭:無

(パーツ)
持ち手・ウェビングテープ:目の詰まった厚手ポリエステルテープ
ファスナー引手:合金 全長2.8センチ
ファスナー務歯:ナイロン 開閉スムーズ

縫製
本体:真っ直ぐキレイに縫われている
持ち手:縫い代17センチ
内側サイド~底:ビニールテープ始末
内側入れ口:ポリエステルテープ始末

コラボブランド:URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)

■ コメント
容量約20Lのダッフルバッグ付録です。本誌p.129によると、バッグの内側に抗菌加工付きでにおいがつきにくいのが特徴だそう。そのほか、肩に掛けられるハンドルの長さや、カラビナやをフック付きポーチを取り付けられるウェービングテープ完備で、使いやすくデザインされているアイテムだと思います。

付録のポリエステルには、ハニカムパターンのナイロン(?)を編み込んでありました。生地裏にもステッチが表れています。

持ち手や生地の耐荷重性を調べるため、10キロの重さをバッグ内にいれて持ってみましたところ、どこも変形やツレが起きず。ビクともしなかったです。

ハニカムパターンのポリエステル生地は、見た目の良さもさながら、リップストップ加工のように裂けにくく丈夫になっているのかもしれないですね。重たくてたくさんの荷物を運びたいときに信頼できる付録バッグです。

自分からの☆3つ評価(普通)の理由は、ショルダーストラップや、持ち手をまとめるハンドルカバーがないことと、ジムバッグなのかボストンバッグなのかよくわからない中途半端なデザインだったから。万能デザインで可か否か、という好みの問題です。

雑誌MonoMaxの公式WEBサイトより
① 抗菌加工でにおいがつきにくい!
② 便利なウェビングテープ付き!注目
③ デザインがおしゃれ!さらに肩掛けもできて便利!
④ 色数を抑えたカラーリング!
宝島社 | FASHION BOXより
3月9日発売の『MonoMax』4月号付録にアーバンリサーチの抗菌ダッフルバッグが登場。旅行にもジム通いにも重宝する、抗菌加工を施した便利で豪華な付録をお見逃しなく!

 ジム通い最近してないなぁ







■ 関連リンク
MonoMax(モノマックス)│宝島社の雑誌

アーバンリサーチのダッフルバッグは毎日の生活で大活躍します!【MonoMax4月号特別付録】 | MonoMax(モノマックス)/雑誌MonoMaxの公式WEBサイト


超豪華![アーバンリサーチ特製]ジムや旅行に使える抗菌バッグが特別付録に | FASHION BOX

URBAN RESEARCH | アーバンリサーチ 公式ブランドサイト


■ 次号予告
発売日4/9(火)Mono Max (モノ・マックス) 2019年 05月号
《付録》 ナノ・ユニバースの動く仕切りの整理バッグ

■ アフィリエイトリンク アマゾン / 楽天ブックス



LINE読者登録QRコード



コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索

カテゴリ(発売日順)