【最速レビュー】Mono Max (モノ・マックス) 2019年 05月号 《特別付録》 ナノ・ユニバースの動く仕切りの整理バッグ

4/9(火)発売のMono Max (モノ・マックス) 2019年 05月号の付録だけ、ご厚意でお譲りいただきましたので紹介します。


4/9(火)発売の Mono Max (モノ・マックス) 2019年 05月号 ¥ 980

特別付録は ナノ・ユニバースの動く仕切りの整理バッグです。

先行でお譲りいただいた、品物の状態はパッケージ箱入り。

水にも強い!動く仕切り!と書いてある箱のサイズは26×19×3cm。ほぼB5サイズでした。

水に強いのは「はっ水加工」で、完全防水ではないとパケ裏に注意書きがあります。そのほか、素材はポリエステル、原産国は中国との記載を確認しました。

モノ・マックス5月号の付録現物、箱から取り出したままの状態です。横マチの厚みが潰れてるだけで中身は非常に良いコンディション。

 

形を整えたのみ、詰め物ナシで自立しました。

 

生地アップ。太い糸で織られてる、ツイード風チャコールグレーの生地に白い布タグが映えてます。

バッグ周りをぐるりと囲んでいるパイピング芯が、フォルムをがっつりキープしていました。

 

タテ向きにもヨコ向きにも持てるよう、3方向にハンドルがついてます。

 

ダブルファスナーで使いやすい。止水テープ風ファスナー仕様で、一般的なナイロンファスナーよりかは水の侵入を防いでくれます。

底までファスナーが続いています。

フタを開けてみて付録バッグ内部から触って生地構成を調べてみました。表地はそんなに分厚くなく、意外と薄くて硬め。フタや底は裏地との間にうすーくスポンジシートが入っています。

 

付録バッグ内部。マチ布はホワホワした起毛生地が張られています。

仕切りは、マチ布の内張りとおなじホワホワした起毛生地に、分厚いスポンジシート内蔵で本体のどの部分よりもクッション性が高くなってました。

付録バッグ内部・フタ裏には小物収納したくなるポケット4種類。

ファスナーポケットにA5、メッシュポケットにA6がはいりました。ペンホルダーは2本分あったのでボールペンと、製図用の細いシャーペンを入れてみましたところ・・・

ペン先がポケットを突き破りました。細いから仕方ない!

付録バッグ内部・メイン収納はだいたいA5サイズ。

動く仕切りを使って、オリジナルな使い方してみますね。

 

自分はミラーレス一眼カメラ+レンズの収納にぴったりでした。

カメラ本体よりも大きい、望遠レンズが入るのはいいですよね。

 

さらに詳しいレビューコメント&評価はまた発売日直前~以降に書きたいと思います。

以上、4/9(火)発売のモノ・マックス2019年5月号 特別付録、ナノ・ユニバース整理バッグのご紹介でした。

 

■ 関連リンク

MonoMax(モノマックス)│宝島社の雑誌



LINE読者登録QRコード



コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索

カテゴリ(発売日順)