steady. (ステディ) 2019年 10月号増刊 《付録》 リラックマの4点ポーチセット

steady. (ステディ) 2019年 10月号増刊 《付録》 リラックマの4点ポーチセット
発売日:2019年09月06日
宝島社
steady. (ステディ) 2019年 10月号増刊 1,200円
《付録》 リラックマの4点ポーチセット

■ 発売情報
発売日:2019年09月06日
宝島社
steady. (ステディ) 2019年 10月号増刊 1,200円
《付録》 リラックマの4点ポーチセット

■ ききらら☆調べ
実測サイズ
重さ:(青)49g (灰)28g (黄)12g (茶)9g
収納サイズ:(青)B5ヨコ (灰)B6ヨコ (黄)交通系ICカード

(本体)
青:高さ20.5×間口幅26cm
灰:15×20cm
黄:9×9cm
茶:7.5×6cm

素材
・ポリエステル(?)
・きめ細かくしっとり わずかな光沢感あり
・パリッとした硬さ
カラー:ブルー、アイスブルー、イエロー、ライトブラウン
ロゴイラスト:インク染め
厚み:普通
裏コーティング:PVC
刺激臭:無

(パーツ)
ファスナー引手:合金 全長2.7センチ
ファスナー務歯:ナイロン 開閉スムーズ

縫製
本体:真っ直ぐキレイに縫われている ポーチ角がイビツな形
内側サイド~底:ビニールテープ始末
内側入れ口:断ち切り

コラボキャラクター:リラックマ

■ コメント
9/6(金)のステディ発売日に、セブンイレブン・セブンネットショッピングで限定発売する付録つき増刊号です。現時点では素材表記や原産国の情報がないので憶測ですけども、ポーチの素材はポリエステル(?)で、厚みや硬さを出すために裏PVC加工を施してある様子。内布はついていない1枚仕立てのポーチ×4つセットです。

各ポーチの手触りはしっとりツルツルです。まったく地厚とは言えない生地へ、パリッとした不自然な硬さを加えて強度を出してることに付録の低コスト感を覚えました。

縫製も付録クオリティだと思います。ファスナー周りや底の、ポーチ角がみんなイビツな形をいていて、100円ショップで売っている商品のような簡易な作りです。それぞれのポーチに入れたいものがある人には有用な付録になるんでしょうが、自分は一番大きな青ポーチ1個あれば十分なので本誌価格が割高に感じます。

宝島社| FASHION BOXより
大きさ&デザイン違いの4点ポーチは本誌の付録とセットで揃えたくなる可愛さ♪

 フラットポーチ補正+1







■ 関連リンク
steady.(ステディ.)│宝島社の女性ファッション誌

リラックマのエコバッグ&ふわふわポーチが付録に♪増刊号付録はポーチセット♡ | FASHION BOX

リラックマ ごゆるりサイト


■ 関連レビュー
steady. (ステディ) 2019年 10月号 《付録》 リラックマのエコバッグ&ふわふわポーチセット

■ 10月通常号に、増刊号付録ポーチ4個セットを合わせるとこんな感じ

■ 次号予告
発売日10/7(月)

steady. (ステディ) 2019年 11月号
《付録》 リサ・ラーソンのマルチケース5点セット

steady. (ステディ) 2019年 11月号増刊
《付録》 リサ・ラーソンのボアバッグ&ポーチセット

■ アフィリエイトリンク  セブンネット

10月増刊号

■ アフィリエイトリンク アマゾン / 楽天ブックス /  セブンネット


steady. (ステディ) 2019年 10月号(通常号)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Steady. (ステディ) 2019年 10月号 [雑誌]
価格:1080円(税込、送料無料) (2019/9/2時点)




カテゴリ Steady. (ステディ) 


LINE読者登録QRコード



コメント一覧

3. Posted by 野獣先輩   2019年09月18日 06:01
たしかに、○点セットのパターンは持て余してしまうことがありますね
増刊号は、ムック本よりはお安い価格設定なので、気に入るものがあれば購入したいなと思っています
MonoMaxの増刊号はいい買い物でした
2. Posted by ななし   2019年09月14日 23:33
※1さん
それはありますね
四点にしてクオリティ低下するなら、二点にして向上をと思う事も多く
最近目につく、通常版と増刊もアホらしいです
1. Posted by なんだかな   2019年09月03日 22:31
このクオリティの付録目当てに、¥1200もする中身薄っぺらな雑誌を買う気は到底起こらない。
いや、例えもう少し質が良かったとしても、¥1000オーバーは雑誌として毎月気軽に買おうと思える値段じゃない。

特に宝島社さんはコストカットの為なのでしょうが、同シーズン内に女性誌カテゴリーで
型や素材が同じ様な付録が使い回しの如く付いてくるし。。

ここを見ているであろう出版社の方には、この辺で考え直して欲しい。
ヘタに付録が付いてくるが為に、ここ最近「同じ様な物ばかり増やしたくないし、今月は購入を見送ろう」と思う事がしばしばですよ。
少し前なら、毎月楽しみに雑誌を買っていた身からすれば『本末転倒』だと感じています。

長文失礼しました。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索

カテゴリ(発売日順)